滞納をした場合の過払い金

もしも借金の返済が遅れてしまった時には、遅延損害金が発生していることがあります。これは期日までに返済ができない場合に遅延損害金として定められた利率で支払うことになっています。

これは「遅れたことで相手に発生した相手に対する損害」とされています。では、もしも過払い金が発生する期間の返済で、この遅延損害金が発生していた場合は、過払い金返済において何かしらの不都合は出てきてしまうのでしょうか。

結論から言うと、過払い金と遅延損害金は別途の扱いになるので、差し障りはありません。ですが、遅延損害金を払ってから過払い金が発生したのか、過払い金を払ってから遅延損害金が発生したかの順番によって計算方法は変わってきます。

あくまで計算方法が変わるだけですので、過払い金を請求すること自体の問題はありません。しかし計算の手順はややこしくなります。

計算は正確に


もしも計算を間違えてしまった場合には、実際に返ってくる額が小さくなってしまうという可能性は当然ですが、金額が違うということで受理してもらえない可能性があります。

弁護士や司法書士などの専門の人に計算を任せた方が、安心と言えるかもしれません。また、業者によっては「遅延損害金が発生したから過払いを認められない」と言うようなところもあるそうです。

しかし過払いと遅延損害金はまた別の問題ですし、このようなことを言われた場合でも心配しなくて大丈夫だと言えるでしょう。

むしろ、遅延損害金も併せて、過払い金として戻ってくることも可能な場合があるそうです。

まずは自分の取引履歴を開示してもらい、どれだけの期間、どれだけの遅延損害金と過払い金を払っていたかを数字としてはっきりと計算することが大事と言えるでしょう。

「過払い金の仕組みを知り請求へススム!Save」のサイトトップへ