自分から行動する

過払い金返還請求書を消費者金融業者に送っても、あちらからの電話を待っている必要はないそうです。それに待っていてもなかなか掛かってこないそうです。待っていても仕方がないので請求書が着いた頃を見計らってかけると良いようです「お金を返してください」というのを金融業者に言うのは変な感じですが、怖がる必要はないそうです。闇金との戦いみたいなのとは違って、名の通った会社だからか、受け答えは丁寧だそうです。ただし電話を折り返しかけてくれる業者は滅多にないそうです。そういう場合もこちらから電話をするべきだといいます。相手側から放置されてしまうと不安になるものです。不安になるということはお金を返還してもらうことにも弱腰になってしまうということです。放置されたなら裁判で戦うという覚悟を持っていればいいということです。裁判までしないだろうとか、放っておくことで諦めるだろうと、相手が考えているかもしれません。そうでなくても、過払金返還請求に対してはできる限り安い金額で抑えたいと思います。返してもらう方としては、一円でも多く返して欲しいわけですから、その気持があれば引き伸ばし工作に屈することなくしつこく電話をした方がいいそうです。借りているときに返済を迫るときは、一日でも遅れると電話をかけてきたはずが、逆の立場に立つとなかなか連絡してくれないというのですから、お金の問題は興味深いですね。電話をかけたときは録音しておいた方が良いそうです。気力の必要なことですが、借金に追われていたことを考えると諦めてはいけないと思います。たとえばこの問題が終わったら自分のためにご褒美を考えるのもいいかと思います。安心して暮らせる、生活を変えられる、ということは十分なご褒美なのかもしれませんが。