弁護士に相談にいくときは

“過払い金返還請求や借金の相談を弁護士にする際は、債務整理の方針や過払い金の発生の見通しを立てるというのが必要だそうです。
そのため、取引期間、契約内容、取引状況を確認することができるようにしてほしいそうです。
用意すべきものとして、すべての契約の契約書、取引明細書、振込明細書、その他取引期間、契約内容、取引状況が確認できる書類ということになるそうです。
過払い金を返還させるために貸金業者に取引履歴を開示させて、利息制限法の法定利息に基づき引き直し計算をおこなうことになるそうです。
弁護士に依頼すると、通常1ヶ月から3ヶ月程度で、取引履歴を開示してもらえるそうです。
そこから、過払い金の返還請求をして、貸金業者と和解交渉をおこなうそうです。
ここで無事に若いが成立したら過払い金が返還されるということになるそうです。
過払い金の返還請求から実際に過払い金が返還されるまでは、約2ヶ月から3ヶ月程度かかるそうです。
弁護士に依頼をしてからと考えると、過払い金が返還されるまでに合計3ヶ月から6ヶ月となるそうです。
ただし、任意の和解が成立しなくて訴訟に移行したら、訴訟を提起してから6ヶ月から1年ほどかかってしまうケースもあるそうです。
訴訟を提起した場合でも、訴訟提起後1ヶ月から2ヶ月ほどで和解が成立して、早期に過払い金が返還されることもあるそうです。
訴訟提起後にどのくらいの期間で和解が成立して、過払い金が返還されるのかは、貸金業者との対応や裁判所の訴訟進行次第となるそうです。
ただ、弁護士に依頼したからといって、100%過払い金が戻ってくるということではないそうです。
経営不振で貸金業者が倒産するということがあると過払い金の回収も難しくなったりするそうです。”