トップページ > 資料 > アーカイブス > 2011年 人身売買報告書

2011年 人身売買報告書

2011.07.11


2011年人身売買報告書を発表

国務省は6月27日、2011年人身売買報告書を発表しました。

日本においても、「人身売買問題への捜査、訴追、被害者特定による保護する取り組みが不十分」として、3段階中2番目に分類されています。

これには、中国や東南アジア出身者などが、日本企業で技術を身に付けることを目的とする「外国人研修・技能実習制度に」について、賃金不払いや長時間労働、旅券を預かって移動を制限するなどの問題点が、実態は人身売買に近いとして指摘されています。

また、暴力団組織がセックス産業で外国人女性を働かせている例を取り上げ、日本政府による被害者保護の取り組みが不足していると指摘しました。

6年連続で下から2番目の評価に加え、同じことを指摘され続けられていることは、まさに日本の恥です。

みなさんも、日本がこのような低評価を受けている事実を あまりご存じないかと思います。
これには問題解決に本腰を入れていない日本政府の責任は重大です。

私たちは、このような事実を踏まえ、行政に対して以下の事柄を提案しています。

1.
行政から国民への事実告知が無いに等しいため、国民は人身売買についての基礎知識が希薄です。
そのため近隣で実際起きている被害状況にも敏感に反応できるはずがありません。
もっと、人身売買・強制労働・性的搾取は、間近にあることの周知をお願いしたいです。
国民に知ってもらうことこそが、撲滅への第一歩かと思われます。

2.
疑いのある企業などへ、現状調査・労働者本人へのヒアリング・行政指導の徹底した追及をお願いしたいです。
また、違反者への行政処分を重くして頂き、加えて刑事罰も併用し罰して下さい。
これは、犯罪者たちは 行政処分だけの罰則では軽視する傾向があるためです。

3.
性産業における労働者(日本人及び外国人)の実態調査の強化。
正当な対価を受けた上での自由意思による労働か否か。
詐欺(不条理な借金問題含む)や脅迫など問題のある場合、雇用主及びコーディネーター(外国と日本への橋渡し役)、またその流通に介した国際的なシンジケート(例えばメキシコのフアレス・カルテルなど)の摘発、行政処分、刑事罰の実施。

4.
もし、上記1~3の解決に向けての職務が、人員不足等で難しい場合、私たちのようなNGOを利用して頂いても構いません。私たちは無償で協力します。そのため、出来ない理由として、人員不足だけは理由としないで下さいませ。

以上、4点を色々な省庁へ提示していますが、今だ回答はない状態です。


また、報告書は、今年1月に大地震に見舞われたハイチなどを「特別な事例」に指定しました。
里親の下で家事労働を強いられている推計22万5000人の子どもたちが人身売買の標的になったり、
非難キャンプの女性や子どもが安全の保証と引き換えに強制労働や売春を強要されていると指摘しています。
報告書によると、世界中で労働や売春を強制されている大人や子どもは1230万人に上っています。
日本の場合は、外国人が騙されて日本国内に入り、風俗店などに売られ、売春などを強要されており、
その人達が、逃げ込む避難先が無いことや、強要している人達を積極的に取締、捜査する姿勢がないと非難しています。ただし、これには米国特有の外交術で、他国批判をする事で自国の責任のすり替えが含まれています。


原文:

2011 TIP Report Heroes

Office To Monitor and Combat Trafficking in Persons

Trafficking in Persons Report 2011

Each year, the Department of State honors individuals around the world who have devoted their lives to the fight against human trafficking. These individuals are NGO workers, lawmakers, police officers, and concerned citizens who are committed to ending modern slavery. They are recognized for their tireless efforts ? despite resistance, opposition, and threats to their lives ? to protect victims, punish offenders, and raise awareness of ongoing criminal practices in their countries and abroad.

Leonel Dubon
Guatemala
Leonel Dubon has shown unflagging dedication to providing high-quality services to victims of human trafficking, while simultaneously encouraging NGO-government partnerships and policy initiatives. In 2009, Mr. Dubon was the driving force behind the creation of the NGO Children’s Refuge House (El Refugio de la Ninez) to provide a safe residential setting for 26 underage female victims of sex trafficking. In 2010, the organization, now a model for Guatemala and the region, provided shelter and services to 51 girls. And when the building’s roof collapsed following a volcanic eruption in May and Tropical Storm Agatha, Mr. Dubon called on his friends in the NGO community to relocate the girls temporarily while he found money to repair the shelter. In January 2011, Mr. Dubon opened a second shelter for adolescents and young adults up to age 24. Not content to leave older victims without resources, he joined with other NGO leaders to engage with the Guatemalan government on the lack of services for adults. In March 2011, the president inaugurated a government shelter dedicated to serving adult victims of trafficking.

Mr. Dubon’s work extends to rural areas around Guatemala, where his organization identifies victims, provides them with mental health and legal counseling, and conducts outreach and education programs to prevent trafficking among vulnerable populations. In 2011, Mr. Dubon is working with the government’s Department of Social Welfare to train 30 foster families on how to provide a safe, loving environment to child trafficking victims who cannot access the shelters. Mr. Dubon also has partnered with international organizations, presented at numerous conferences, and been an active member of Guatemala’s anti-trafficking NGO network.

Esme Kisting
Namibia
Esme Kisting, executive director of Namibian NGO The King’s Daughters Organization, works with passion and courage to confront a social taboo and give women exploited in commercial sex another chance at life. Founded in 2006 by Kisting with assistance from the Council of Churches of Namibia, The King’s Daughters Organization is devoted to lifting women exploited in commercial sex out of poverty and helping them leave the streets. During the rehabilitation process, Ms. Kisting helps the women, many of whom have suffered abuse and exploitation, understand that they are victims of trafficking. The organization offers the women ? now more than 60 ? groceries, bible study sessions, skills training, substance abuse programs, and counseling in an effort to meet their material, spiritual, and psychological needs. More than 80 percent of the women are HIV-positive, and most of them have young children.

Beyond assisting in their care, Ms. Kisting strives to teach the greater Namibian community from the experiences of these women. She leads the women in organizing public awareness campaigns around Namibia aimed at educating other exploited women, church and community leaders, and immigration officials about the lives of women in prostitution. Ms. Kisting encourages the women to tell their stories in hopes of sensitizing those who are in positions to protect others like them. The group’s activities have inspired some church leaders to support the formation of similar organizations in their own communities. The King’s Daughters Organization lacks a steady source of funding, relying mainly on contributions from the Pentecostal Protestant Church, the King’s Daughters Board and volunteers. Ms. Kisting has personally invested much of her own money to support the group.

Darlene Pajarito
Philippines
Darlene Pajarito is an assistant city prosecutor in Zamboanga City and is known as one of the strongest anti-trafficking advocates in the Philippines. After joining the Department of Justice in 2004, Ms. Pajarito secured the Philippines’ first sex trafficking conviction in 2005 and the first labor trafficking conviction in 2011. With convictions against five traffickers in Zamboanga, she has secured more convictions than have been handed down in any other Philippine city. At any one time, Ms. Pajarito is prosecuting numerous trafficking cases. Ms. Pajarito has accomplished all this while juggling an average caseload of more than 300 other criminal cases in a country where criminal trials last an average of six years in the overburdened and backlogged judiciary.

Ms. Pajarito also encourages, supports, and trains law enforcement, social workers, specialized agents, and government entities on human trafficking issues, the Philippines’ anti-trafficking law, and methods to prosecute traffickers effectively. Her advocacy rejuvenated the Regional Interagency Committee Against Trafficking and led to the formation of Sea-Based and Air-Based Anti-Trafficking Task Forces. In 2010, the justice secretary also selected her to lead the Region IX Anti-Trafficking Task Force. Her successful record has shown other prosecutors the value of police-prosecutors cooperation in the development of strong cases against traffickers.

Dilcya Garcia
Mexico
Dilcya Garcia is a pioneer in the Mexican justice system for her successful prosecution of human trafficking cases, her compassionate stance toward victims, and her tireless work to end both sex trafficking and labor trafficking. In 2009, Ms. Garcia, a deputy prosecutor in the Mexico City Attorney General’s Office, prosecuted a landmark case that resulted in the first trafficking sentence in Mexico. In 2009 and 2010, she worked with other authorities to raid the best-known trafficking district in Mexico’s capital repeatedly.

Under her leadership, the Office for Assistance for Victims, Human Trafficking, and Domestic Violence also worked with civil society to provide more than 250 rescued sex and labor trafficking victims with comprehensive services, including shelter, and psychological and medical treatment. Ms. Garcia then developed indictments against more than 100 alleged traffickers, which her unit continues to prosecute. She also oversaw a sentence for 17 years, the longest trafficking sentence to-date in Mexico. In response to her lobbying, the Mexico City Legislative Assembly allotted funding in March 2011 for a human trafficking and domestic violence shelter in Mexico City.

Ms. Garcia has demonstrated that human trafficking legislation in Latin America can be used effectively to prosecute trafficking in court and inspired many in the government and civil society to take bolder steps against human traffickers.

Sheila Roseau
Antigua and Barbuda
Sheila Roseau is a longtime advocate for women’s rights and the executive director of Antigua and Barbuda’s Gender Affairs Directorate. In 2010, Ms. Roseau was a driving force behind the passage of the country’s first law that provides criminal penalties for human traffickers and extensive protections for victims. After steering the drafting of the legislation and lobbying for its passage, Ms. Roseau now champions its ongoing implementation. Ms. Roseau and her dedicated team have established a cross-departmental coalition to coordinate anti-trafficking efforts within the government, rolled out an information campaign tailored to the local context, and set up a public-private partnership for sheltering victims that specifically addresses the challenges of small-island privacy issues. Prior to 2010, she assisted trafficking victims, including one foreign child, who is now an adult integrated into Antiguan society thanks to Ms. Roseau’s help. This is one of the only reported long-term assistance programs granted to a foreign trafficking victim by a government in the region.

The strength of Ms. Roseau’s personality and the depth of her convictions have helped her projects succeed despite working in a challenging environment with serious limitations in resources. Yet she remains dedicated, energetic and enthusiastic. Because of her continued leadership, trafficking victims in Antigua and Barbuda now have legal protections.

Eva Biaudet
Finland
In establishing the Finnish National Rapporteur, the Government of Finland had the courage to examine its trafficking problem in its unvarnished form. But the success of this independent institution depended on the strength of the Rapporteur herself. Eva Biaudet, an international leader on women’s rights and anti-trafficking efforts, has answered the challenge. The research and advocacy conducted by her and her team has motivated the country to take trafficking seriously and to work collaboratively to address systematic weaknesses in the government’s response. Her report examines trafficking from diverse perspectives, identifying vulnerabilities in all areas of the government’s anti-trafficking program and recommending policy changes. Her critique’s frank and in-depth review of the current state of human trafficking in Finland served as a wake-up call to prompt legislative dialogue on initiatives to combat the crime, including discourse among lawmakers regarding the need for a dedicated anti-trafficking law enforcement unit. Her proposals led to a recommendation by the Parliamentary Steering Group to revise the country’s penal code calling for enhanced victim identification efforts and this revision is expected to occur following the April 2011 elections.

Under Ms. Biaudet’s guidance, the rapporteur’s office has not only been a prolific reviewer of Finland’s trafficking situations, but has led efforts to train authorities on victim assistance. It has collaborated with the media to ensure that human trafficking remains a matter of public concern. Ms. Biaudet’s brave leadership of this independent institution sets the tone and raises the standard for countries’ self-monitoring of trafficking efforts.

Ms. Biaudet was the OSCE’s special representative for combating human trafficking in Vienna from 2006 to 2009. She is also active in a number of anti-trafficking and women’s rights NGOs.

Charimaya Tamang
Nepal
Born into a poor family made poorer by the passing of her father, Charimaya Tamang was 16 when she was trafficked to India. She spent 22 months enslaved in a brothel before the Indian government rescued her and more than 200 other Nepali women in 1996. Upon her return to Nepal, Ms. Tamang faced social stigma and was outcast from her own community. But she courageously filed a case against her traffickers, becoming the first person to file personally a trafficking case with the district police. In 1997, the District Court ? in a landmark decision ? convicted and sentenced eight offenders involved in her case.

In 2000, Ms. Tamang and 15 other survivors established Shakti Sumaha, an anti-trafficking NGO. She received a national honor for her work in 2007 and is currently one of two trafficking survivors serving as members of the government-led National Committee to Combat Human Trafficking, which was founded in 2009. In that role, Ms. Tamang raised the importance of including survivors in each district-level working group. There are now five trafficking survivors serving as members of district-level committees around the country.

Swati Chauhan
India
Magistrate Swati Chauhan was appointed in 2008 to preside over Mumbai’s newly created special court for administering the Immoral Trafficking Prevention Act (ITPA). In that time, she has cleared hundreds of backlogged trafficking cases, issued rehabilitation orders for more than 1,200 rescued girls and women, and ensured that sex trafficking victims were not punished under anti-prostitution provisions of the ITPA Indian law. Under her leadership, the court has secured 81 convictions against traffickers and brothel owners in 2009 and 164 convictions in 2010 ? a high percentage of all the cases in a country of more than 1.2 billion people. In 2009, as an instructor at the National Institute of Rural Developments in Hyderabad, Ms. Chauhan trained more than 150 senior police officials and district-level officers from across India on effective implementation of the ITPA. Her work, which has been recognized internationally, has raised awareness of the importance of prosecuting traffickers and the utility of dedicated anti-trafficking courts. The Government of India nominated her to represent the country at the Asia-Pacific Conference on Rule of Law in Kuala Lumpur in January 2011.

Amela Efendic
Bosnia and Herzegovina
Amela Efendic has been a tireless and compassionate caregiver for trafficking victims and an advocate for victim-protection issues for more than 10 years. As head of office for the International Forum of Solidarity-Emmaus (IFS), Ms. Efendic manages one of Bosnia’s largest and most active shelters for trafficking victims and coordinates IFS’ trafficking awareness campaigns. Having developed close working relationships and trust with the State Coordinator’s Office and Bosnia’s law enforcement agencies, Ms. Efendic provides critical advice to the government in forming the country’s trafficking monitoring teams and in crafting effective and humane procedures for treatment of trafficking victims. Despite numerous threats from trafficking offenders against herself and IFS staff, Ms. Efendic continues to work at an operational level with police, prosecutors and other responsible officials to ensure the protection of victims’ rights.

Prior to her work with IFS, Ms. Efendic was an acting project manager at IOM for many years. She managed the implementation of more than $6 million in IOM anti-trafficking projects and was directly involved in developing two consecutive national action plans for Bosnia and procedures for foreign victims of trafficking.

At both IOM and IFS, Ms. Efendic has gone above and beyond her duties to be personally involved in rescuing and reintegrating trafficking victims. In 2011, because of her dedication and wealth of experience and knowledge in victim protection, Bosnia’s Anti-TIP Strike Force coordinator asked Ms. Efendic to join the Strike Force ? a request never before posed to an NGO activist.

Bridget Lew Tan
Singapore
For more than a decade, Bridget Lew Tan has been at the forefront of efforts to protect migrant laborers in Singapore, home to more than 800,000 migrants. Working in human resource management, Ms. Tan became familiar with local employment laws and the rights of workers. She was outraged to see that there were migrant workers who were suffering injustices at the hands of employers and employment agents. While volunteering with the Archdiocesan Commission for the Pastoral Care of Migrants and Itinerant People in 2002, Ms. Tan met a group of 30 Bangladeshi men assembled behind a coffee shop at midnight. After seeing their helplessness and fear, she set up two shelters to provide refuge for migrant workers ? one for men and one for women.

In 2004, Ms. Tan founded the Humanitarian Organisation for Migration Economics (HOME) to respond to the specific needs of migrant workers. Since its inception, HOME has provided food, shelter, advocacy assistance and legal counsel to more than 50,000 migrants, many of whom are female domestic workers. HOME continues to operate and expand its assistance to migrant workers and trafficking victims despite limited funding. Ms. Tan works to increase public awareness of the hardships facing migrant workers and trafficking victims through the media. Despite threats and intimidation from employers and agents, Ms. Tan continues to lead HOME in challenging illegal employment practices and raising awareness on the plight of foreign workers in Singapore.

 

 

Remarks on the Release of the 2011 Trafficking in Persons Report

Remarks
Hillary Rodham Clinton
Secretary of State
Benjamin Franklin Room

Washington, DC

June 27, 2011

(Applause.) Thank you. Thank you all very much. Thank you. Thank you all, and good afternoon and welcome to the State Department. It is truly wonderful to see the Ben Franklin Room packed as it is today. I especially want to welcome all the ambassadors who are here. I know many of you and I’m delighted that you could join us for this important event.

I want to thank Under Secretary Maria Otero for her leadership on this and so many of the global, transnational, cross-cutting issues that she is responsible for. And I think you certainly got a small taste of the passion and conviction that Ambassador Lou CdeBaca brings to this work. He is tireless and he, with his wonderful team, are working around the clock and around the world to heal wounds and to save lives, and I’m very grateful to Lou for his leadership and deep, deep commitment.

And because human trafficking unfortunately hurts women and girls disproportionately, Lou has worked closely for over a decade with Melanne Verveer, our Ambassador-at-Large for Global Women’s Issues. This is a natural partnership because trafficking isn’t just a problem of human bondage; it fuels the epidemic of gender-based violence in so many places ? here in our country and around the world. So I thank our team at the State Department that has done so much to continue this work, and to make sure that we not only issue a report, which as Lou said, is just one part of the work. The report itself is a tool, and what we’re most interested in is working with countries around the world and working across our own government to get results. The decade of delivery is upon us.

And I know it’s not just our State Department and not just our Congress, but many of you in this room, many of you from other governments who have taken on this issue, many of you from the NGO community that have been on the frontlines standing up for millions of victims. Last year, I visited in Cambodia a place of healing and support, a shelter for survivors. I met with dozens of girls, most of them very young, who had been sexually exploited and abused. They had been given refuge at the shelter and they were learning valuable skills to help them reenter society. These girls wanted the same thing that every child wants ? the opportunity to live, to learn, a safe place, people who cared about them. And not too long ago, a shelter like this would not have been available. The idea of trafficking in persons was as old as time. And it wasn’t particularly high on the list of important international issues. And certainly, speaking for my country until relatively recently, we were not investing the resources or raising the visibility of these issues, of these stories, of these young girls. There were so many attractive children at that shelter; lots of liveliness. There were some very withdrawn and set apart from the others.

And there was one little girl who had the biggest grin on her face, and then when I looked into that face, I saw that one of her eyes was badly disfigured. She had glasses on. And I asked one of the women running the shelters, I said, “What happened to her?” And she said, “Well, when she was sold into a brothel, she was even younger than she is now, and she basically fought back to protect herself against what was expected. So the brothel owner stabbed her in the eye with a large nail.” And there was this child whose spirit did not look as though it had been broken, who was determined to interact with people, but whose life had only been saved because of a concerted effort to rescue girls like her from the slavery they were experiencing.

The world began to change a little over 10 years ago, and certainly, I’m grateful for the work that my country has done, but I’m also very grateful for the work that so many of our partners have done as well. When my husband signed the Trafficking Victims Protection Act, we did have tools ? we had tools to bring traffickers to justice and tools to provide victims with legal services and other support. Today, police officers, activists, and governments are coordinating their efforts so much more effectively. Thousands of victims have been liberated around the world, and thanks to special temporary visas, many of them are able to come to our country to have protection to testify against their perpetrators.

Every year, we come together to release this report, to take stock of our progress, to make suggestions, and to refine our methods. Today, we are releasing a new report that ranks 184 countries, including our own. One of the innovations when I became Secretary was we were going to also analyze and rank ourselves, because I don’t think it’s fair for us to rank others if we don’t look hard at who we are and what we’re doing. This report is the product of a collaborative process that involves ambassadors and embassies and NGOs as well as our team here in Washington. And it really does give us a snapshot about what’s happening. It shows us where political will and political leadership are making a difference.

Take the case of Bangladesh, for example: The minister of home affairs and joint secretary have drafted progressive legislation that promises to confront the traffickers behind thousands of Bangladeshi migrants to the Middle East and North Africa. Or the United Arab Emirates, where leaders are advancing initiatives to improve protections for migrant workers in the Gulf region. Or the case of Taiwan, where the director of immigration has taken steps to ensure that victims of trafficking are identified, provided immigration relief and work permits, and have the opportunity to recover from their ordeals.

Now, these achievements and so many more, which we highlight in the report, are certainly worthy of the recognition that they are given, but we all have to do more. Unfortunately, because of the ease of transportation and the global communications that can reach deep into villages with promises and pictures of what a better life might be, we now see that more human beings are exploited than before. There are as many as 27 million men, women, and children.

And governments have taken important steps, but we have to really mix the commitments with actions in order to get results. For example, the number of prosecutions worldwide has remained relatively static. And so the measure of success can no longer be whether a country has passed laws, because so many have in the last decade; now we have to make sure that laws are implemented and that countries are using the tools that have been created for that. And governments should work more closely with the private sector and use new supply chain monitoring techniques to let consumers know if their goods and services come from slavery-free, responsible sources. In partnership with the NGO community, we have to develop new mechanisms for shielding potential victims and bringing more perpetrators to justice.

Now it’s only fair that countries know why they have a certain ranking, and that we, then, take on the responsibility of working with countries to respond. So we are issuing concrete recommendations and providing technical assistance. This week, U.S. diplomats around the world will be meeting with their host country governments to review action plans and provide recommendations when needed. And I’m instructing our embassies and the trafficking office to intensify partnerships in the coming months so that every country that wishes to can improve its standing.

So while this report is encouraging more countries to come to the table, none of us can afford to be satisfied. Just because a so-called developed country has well-established rules, laws, and a strong criminal justice system, does not mean that any of us are doing everything we can. Even in these tight economic times, we need to look for creative ways to do better. And this goes for the United States, because we are shining a light on ourselves and we intend to do more in order to make our own situation better and help those who are interested in doing the same.

Our TIP ? our TIP heroes today show us that individual action can lead to some astounding results. For example, in Singapore, Bridget Lew Tan has dedicated her life to protecting migrant workers. And Singapore, albeit a small country, has more than 800,000 immigrants. And she has been volunteering with a local archdiocese. And while there, she met 30 Bangladeshi men assembled behind a coffee shop in the middle of the night, and she helped to set up shelters ? one for men and one for women ? to provide refuge to migrant workers who had been abused.

Or take Mexico, where Mexico City Attorney General’s Office Deputy Prosecutor Dilcya Garcia tried a case in 2009 that resulted in the first trafficking sentence in Mexico. Since then, she has developed indictments against more than 100 alleged traffickers, and forged partnerships to provide comprehensive victim protection services.

Stories like these and the others you will hear about our TIP heroes give us hope, because they inspire us, but also tell us very practically what we can do to make a difference. And the story of all the victims really is one that should motivate all of us. And when we hear the stories of the TIP heroes, we know that it’s not hopeless, we know that it is not overwhelming, we know that person by person, we can make a difference.

I think a lot about that little girl that I met who finally was rescued. I don’t know what will happen in her life in the future. But many of the adult women who were working there themselves had been rescued, and now they were passing on to the next generation the support that they themselves had received. And the children that I met with, when I asked them, “What do you want to do when you grow up,” they wanted to do what children everywhere want to do ? they wanted to be a teacher, they wanted to be mothers, they wanted to be the best that they could be. And that’s what we want for all of the world’s children.

So I am honored to be here with you. I thank all the countries who are here today. I thank all the leaders around the world who recognize that we can make progress by working together to end modern day slavery. And I particularly thank our heroes who have showed us it is possible despite the odds.

Thank you all very much. (Applause.)

 

 

The 2011 TIP Report: Methodology

Office To Monitor and Combat Trafficking in Persons

Trafficking in Persons Report 2011

The Department of State prepared this report using information from U.S. embassies, government officials, nongovernmental and international organizations, published reports, research trips to every region, and information submitted to tipreport@state.gov. This email address provides a means by which organizations and individuals can share information with the Department of State on government progress in addressing trafficking.

U.S. diplomatic posts and domestic agencies reported on the trafficking situation and governmental action to fight trafficking based on thorough research that included meetings with a wide variety of government officials, local and international NGO representatives, officials of international organizations, journalists, academics, and survivors. U.S. missions overseas are dedicated to covering human trafficking issues.

Tiers: Placement, Guide, and Penalties for Tier 3 Countries
The Department places each country in the 2011 TIP Report onto one of three tiers, as mandated by the TVPA. This placement is based more on the extent of government action to combat trafficking than on the size of the problem, although the latter is also an important factor. The analyses are based on the extent of governments’ efforts to reach compliance with the TVPA’s minimum standards for the elimination of human trafficking (see http://www.state.gov/g/tip/rls/tiprpt/2011/164236.htm).

While Tier 1 is the highest ranking, it does not mean that a country has no human trafficking problem. Rather, a Tier 1 ranking indicates that a government has acknowledged the existence of human trafficking, has made efforts to address the problem, and meets the TVPA’s minimum standards. Each year, governments need to demonstrate appreciable progress in combating trafficking to maintain a Tier 1 ranking. Indeed, Tier 1 represents a responsibility rather than a reprieve.

Tier rankings and narratives in the 2011 TIP Report reflect the following:

enactment of laws prohibiting severe forms of trafficking in persons, as defined by the TVPA, and provision of criminal punishments for trafficking offenses;
criminal penalties prescribed for human trafficking offenses with a maximum of at least four years’ deprivation of liberty, or a more severe penalty;
implementation of human trafficking laws through vigorous prosecution of the prevalent forms of trafficking in the country;
proactive victim identification measures with systematic procedures to guide law enforcement and other government-supported front-line responders in the process of victim identification;
government funding and partnerships with NGOs to provide victims with access to primary health care, counseling, and shelter, allowing them to recount their trafficking experiences to trained social counselors and law enforcement in an environment of minimal pressure;
victim protection efforts that include access to services and shelter without detention and with legal alternatives to removal to countries in which the victim would face retribution or hardship;
the extent to which a government ensures victims are provided with legal and other assistance and that, consistent with domestic law, proceedings are not prejudicial against victims’ rights, dignity, or psychological well being;
the extent to which a government ?ensures the safe, humane, and to the extent possible, voluntary repatriation ?and reintegration of victims; and
governmental measures to prevent ?human trafficking, including efforts to curb practices identified as contributing factors to human trafficking including forced labor, such as employers’ confiscation of foreign workers’ passports and allowing labor recruiters to charge prospective migrants excessive fees.
Tier rankings and narratives are NOT affected by the following:

efforts, however laudable, undertaken exclusively by nongovernmental actors ?in the country;
general public awareness events ? government-sponsored or otherwise ? lacking concrete ties to the prosecution of traffickers, protection of victims, or prevention of trafficking; and
broad-based development or law enforcement initiatives without a ?specific human trafficking focus.

A Guide To The Tiers
Tier 1
Countries whose governments fully comply with the TVPA’s minimum standards for the elimination of trafficking.

Tier 2
Countries whose governments do not fully comply with the TVPA’s minimum standards but are making significant efforts to bring themselves into compliance with those standards.

Tier 2 Watch List
Countries whose governments do not fully comply with the TVPA’s minimum standards, but are making significant efforts to bring themselves into compliance with those standards AND:

a) ?the absolute number of victims of severe forms of trafficking is very significant or is significantly increasing;

b) ?there is a failure to provide evidence of increasing efforts to combat severe forms of trafficking in persons from the previous year, including increased investigations, prosecution, and convictions of trafficking crimes, increased assistance to victims, and decreasing evidence of complicity in severe forms of trafficking by government officials; or

c) ?the determination that a country is making significant efforts to bring itself into compliance with minimum standards was based on commitments by the country to take additional steps over the next year.

Tier 3
Countries whose governments do not fully comply with the minimum standards and are not making significant efforts to do so.

The TVPA lists additional factors through which to determine whether a country should be on Tier 2 (or Tier 2 Watch List) versus Tier 3. First, the extent to which the country is a country of origin, transit, or destination for severe forms of trafficking. Second, the extent to which the country’s government does not comply with the TVPA’s minimum standards and, in particular, the extent to which officials or government employees have been complicit in severe forms of trafficking. And third, reasonable measures required to bring the government into compliance with the minimum standards in light of the government’s resources and capabilities to address and eliminate severe forms of trafficking in persons.

In 2008, the William Wilberforce Trafficking Victims Protection Reauthorization Act included a provision that any country that has been ranked Tier 2 Watch List for two consecutive years and that would otherwise be ranked Tier 2 Watch List for the next year will instead be ranked Tier 3 for the next year. This provision comes into effect for the first time in this year’s report. The Secretary of State, through delegation, can waive the automatic downgrade based on credible evidence that a waiver is justified because the government has a written plan that, if implemented, would constitute making significant efforts to comply with the TVPA’s minimum standards for the elimination of trafficking and is devoting sufficient resources to implement the plan. Governments subject to the automatic downgrade provision are noted as such within the country narratives.

Penalties for Tier 3 Countries
Pursuant to the TVPA, governments of countries on Tier 3 may be subject to certain sanctions, whereby the U.S. government may withhold or withdraw nonhumanitarian, non-trade-related foreign assistance. In addition, countries on Tier 3 may not receive funding for government employees’ participation in educational and cultural exchange programs. Consistent with the TVPA, governments subject to sanctions would also face U.S. opposition to assistance (except for humanitarian, trade-related, and certain development-related assistance) from international financial institutions such as the International Monetary Fund (IMF) and the World Bank.

Imposed sanctions will take effect on October 1, 2011; however, all or part of the TVPA’s sanctions can be waived if the President determines that the provision of such assistance to the government would promote the purposes of the statute or is otherwise in the United States’ national interest. The TVPA also provides for a waiver of sanctions if necessary to avoid significant adverse effects on vulnerable populations, including women and children.

No tier ranking is permanent. Each and every country can do more, including the United States. All countries must maintain and increase efforts to combat trafficking.


2011年人身売買についての報告。

毎年、国務省は、人身売買に対する戦いに彼らの人生をささげた世界中の個人を尊敬します。 これらの個人は、終わりの現代の奴隷制度に送られるNGOの労働者と、議員と、警察官と、関係がある市民です。 それらは彼らの人生への抵抗、反対、および脅威にもかかわらず、犠牲者を保護して、犯罪者を罰して、進行中の刑事上の習慣の認識をそれらの国と海外に提起するための彼らの精力的な努力として認識されます。

Leonel DubonグアテマラLeonel Dubonは同時にNGO政府パートナーシップと政策イニシアチブを奨励する間、人身売買の犠牲者への質の高いサービスを提供することへのたゆまない専念を示しました。 2009年に、Dubonさんはセックス交通の26人の未成年の女性の犠牲者に安全な住宅環境を提供するNGO子供用Refuge家(高架鉄道Refugio de la Ninez)の創設の後ろの原動力でした。 2010年に、組織(現在のグアテマラと領域のモデル)は、避難所と51人の少女に対するサービスを提供しました。 そして、5月、Tropical Stormアガサの火山噴火に続いて、ビルの屋根が崩れたとき、彼は、避難所を修理するためにお金を見つけましたが、Dubonさんは、NGO共同体の彼の友人が少女を一時移動させるよう呼びかけました。 2011年1月に、Dubonさんは、若者とヤングアダルトのために2番目の避難所を24歳まで開きました。 リソースなしで、より年取った犠牲者を置き去りにして、満足していません、彼は大人達のためにサービスの不足でグアテマラの政府と交戦するために他のNGOのリーダーで加わりました。 2011年3月に、社長は、交通の大人の犠牲者に役立つのに捧げられた政府避難所を就任させました。

Dubonさんの仕事は、グアテマラの周りに農村地域に達して、メンタル・ヘルスと法的なカウンセリングを彼らに提供して、傷つきやすい人口で取引するのを防ぐために奉仕活動と教育プログラムを指導します。そこでは、彼の組織が犠牲者を特定します。 2011年に、Dubonさんは、どう避難所にアクセスできない児童売買犠牲者に安全で、情愛深い環境を提供するかに対して30人の里親を教育するために政府の社会福祉の部と共に働いています。 Dubonさんも、頻繁な会議に提示された、国際機関とパートナーを組んで、グアテマラの反交通NGOネットワークの活動的なメンバーです。

Esme KistingナミビアEsme Kisting、専務、ナミビアNGOでは、社会的タブーに立ち向かって、商業セックスで搾取された女性を別のものに与える、キングのDaughters Organization、情熱がある作品、および勇気は人生でやってみられます。 2006年にナミビアのChurchesのCouncilから援助されてKistingによって設立されて、貧困から商業セックスで搾取された女性を持ち上げて、彼女らが通りを出るのを助けるのにキングのDaughters Organizationはささげられます。 リハビリテーションの過程、Kistingが助けるさんの間、女性(その多くが乱用と開発に苦しみました)は、彼女らが交通の犠牲者であることを理解しています。 組織はそれらの材料を満たすための取り組みにおける女性--現在の60以上--乾物、聖書勉強会、技能トレーニング、薬物乱用プログラム、およびカウンセリングを提供します、霊的で、心理学的な必要性。 女性の80パーセント以上はHIV陽性です、そして、彼女らの大部分には、幼児がいます。

彼らの注意を助けることを超えて、Kistingさんは、これらの女性の経験から、より大きいナミビア共同体に教えるように努力します。 彼女は売春における、女性の人生に関して他の利用された女性、教会、地域社会の指導者、および入国管理官を教育するのが目的とされたナミビアの周りで公共の啓もう活動を組織化する際に女性を導きます。 Kistingさんは、女性が、他のものが彼らが好きであると保護する立場にいる人を敏感にするという望みにおける彼女らの話に言うよう奨励します。 グループの活動は、それら自身の共同体の同様の組織の構成をサポートするために何人かの教会指導者を奮い立たせました。 キングのDaughters Organizationは基金の堅実な源を欠いています、ペンテコステ派のプロテスタントの教会、キングのDaughters Board、およびボランティアから主に貢献に依存して。 Kistingさんは、グループを支持するために個人的に彼女自身のお金の多くを投資しました。

ダーリーンPajaritoフィリピンダーリーンPajaritoはサンボアンガ市のアシスタントの都市の検察官であり、最も強い反交通支持者のひとりとしてフィリピンで知られています。 2004年に司法省に加わった後に、Pajaritoさんは、2011年に信念を取引しながら2005年の信念と最初の労働を取引しながら、フィリピンの最初のセックスを保証しました。 サンボアンガの5人の商人に対する信念をもって、彼女はいかなる他のフィリピンの都市でも渡されたより多くの信念を保証しました。 いかなる時も、Pajaritoさんは、多数の交通ケースを起訴します。 Pajaritoさんは刑事裁判が負担をかけられてバックログされた司法部で平均6年続く国の他の300回以上の刑事事件の平均した取扱い件数を操っている間、このすべてを達成しています。

また、Pajaritoさんは、人身売買問題、フィリピンの反交通法、および有効に商人を起訴するための方法で法施行、ソーシャルワーカー、専門化しているエージェント、および政府の法人を奨励して、支持して、訓練します。 彼女の支持は、Regional Interagency委員会のAgainst Traffickingを若返らせて、海によるベースの、そして、AirによるベースのAnti-交通Task Forcesの構成につながりました。 また、2010年に、正義秘書は、彼女がRegion IX Anti-交通Task Forceを導くのを選択しました。 彼女のうまくいっている記録は商人に対する揺るぎない主張の開発における、警察検察官協力の値を他の検察官に示しました。

Dilcyaガルシア・メキシコのDilcyaガルシアはセックス交通と労働交通の両方を終わらせる、彼女の人身売買ケースのうまくいっている起訴のためのメキシコの司法制度、犠牲者に向かった彼女の情け深い姿勢、および彼女の精力的な仕事でパイオニアです。 2009年に、ガルシアさん(メキシコシティー検事総長のオフィスの副検察官)は、メキシコにおける最初の交通文をもたらした画期的なケースを起訴しました。 2009年と2010年に、彼女は、繰り返してメキシコの首都で最もよく知られている交通地区を襲うために他の当局と共に働いていました。

彼女のリーダーシップの下では、Victims、Human Trafficking、およびまた、250以上を提供するために市民社会と共に扱われたDomestic ViolenceのためのAssistanceのためのオフィスは、包括的なサービスで犠牲者を取引しながら、セックスと労働を救いました、避難所、心理学的、そして、および医療を含んでいます。 ガルシアさんはそして、100人以上の申し立てられた商人に対して告発を開発しました。彼女の部隊は起訴しその商人を続けています。 また、彼女はメキシコで17年間の文、これまで最も長い交通文を監督しました。 彼女の運動に対応して、メキシコシティーLegislative議会は人身売買のための2011年3月の基金とメキシコシティーの家庭内暴力から逃れるための避難所を割り当てました。

ガルシアさんは、法廷で取引しながら起訴するために有効にラテンアメリカの人身売買法律を使用できるのをデモをして、人身売買業者に対して大胆な策を講ずるために政府と市民社会を多く鼓舞しました。

シェイラ・ロゾー
アンティグアバーブーダ
シェイラ・ロゾーは、長年の女性の権利の代弁者とアンティグアバーブーダのGender Affairs Directorateの専務です。 2010年に、ロゾーさんは犠牲者のために人身売買業者と大規模な保護に刑事罰を提供する国の第一法則の通路の後ろの原動力でした。 法律の草稿を導いて、通路に賛成の運動をした後に、ロゾーさんは、現在、進行中の実現を擁護します。 ロゾーさんと彼女の専門チームは、政府の中で反交通の努力を調整するために十字部門の連合を設立して、局所文脈に適合した情報キャンペーンを発表して、犠牲者を保護するための明確に小島プライバシーの問題の挑戦を記述する官民協力にセットしました。 2010年前に、彼女は、犠牲者を取引するのを補助しました、1人の外国人の子供を含んでいます。(現在、その子供は、ロゾーさんのお力添えへのアンチグア・バーブータ国の社会感謝と統合された大人です)。 これは、その領域の政府によって承諾された外国人の交通犠牲者の唯一の報告された長期の支援プログラムの1つです。

ロゾーさんの個性の強さと彼女の信念の深さは、リソースにおける重大な制限でやりがいがある環境で働きますが、彼女のプロジェクトが成功するのを助けました。 しかし、彼女はひたむきで、エネルギッシュで熱心なままです。 彼女の継続的なリーダーシップのため、アンティグアバーブーダの交通犠牲者には、現在、法による保護があります。

エバBiaudetフィンランドInがフィンランドのNational Rapporteurを設立して、フィンランド政府には飾りのないフォームで交通問題を調べる勇気がありました。 しかし、この独立している団体の成功はRapporteur自身の強さに依存しました。 エバBiaudet(女性の権利と反交通の努力での国際的なリーダー)は挑戦に答えました。 彼女と彼女のチームによって行われた研究と支持は、真剣に取引しながら取って、政府の応答における系統的な弱点を記述するために協力して働くために国を動機づけました。 彼女のレポートはさまざまの見解からの交通を調べます、政府の反交通プログラムのすべての領域で脆弱性を特定して、政策変更を推薦して。 彼女の批評のフィンランドの人身売買の現状の率直で徹底的なレビューは犯罪と戦うイニシアチブのときに立法上の対話をうながす緊急の注意を促すものとして機能しました、議員の中に専用反交通法施行ユニットの必要性に関して会話を含んでいます。 彼女の提案はParliamentary Steering Groupによる高められた犠牲者識別の努力を求める国の刑法典を改訂するという推薦につながりました、そして、2011年4月選挙に続いて、この改正が起こると予想されます。

Biaudetさんの指導で、報告担当者のオフィスはフィンランドの交通状況の多作の評論家だけであるのではなく当局を犠牲者支援に対して教育するための努力を導きました。 それは、人身売買が国民全体の関心事のままで残っているのを保証するためにメディアと協力しました。 Biaudetさんのこの独立している団体の勇敢な指導部は、調子を定めて、国の交通の努力のセルフモニタリングの規格を上げます。

Biaudetさんは、ウィーンで2006年から2009年まで人身売買と戦うためのOSCEの特使でした。 また、彼女も多くの反交通と女性の権利NGOで活発です。

彼女がインドに取引されたとき、彼女の父親Charimaya Tamangの通過で、より貧しくされた貧家へのCharimaya TamangネパールBornは16歳でした。 インドの政府が1996年に彼女と他の200人以上のネパール人の女性を救う売春宿で奴隷にされた22カ月前に、彼女は、費やしました。 ネパールへの彼女の帰りのときに、Tamangさんは、社会的不名誉に直面して、彼女自身の共同体から浮浪者でした。 しかし、彼女は商人に対して勇敢にケースをファイルしました、個人的に地区警察に関する交通ケースをファイルする最初の人になって。 1997年に、画期的な決定における地方裁判所は、彼女のケースにかかわる8人の犯罪者の、断罪して、判決を下しました。

2000年に、Tamangさんと他の15人の生存者が、シャクティSumaha、反交通NGOを設立しました。 彼女は、2007年に彼女の仕事に関する国家の名誉を受けて、現在、政府主導のNational委員会のメンバーとして2009年に設立されたCombat Human Traffickingに勤めている2人の交通生存者のひとりです。 その役割では、Tamangさんはそれぞれの地区レベルワーキンググループに生存者を含む重要性を上げました。 地区レベル委員会のメンバーとして勤めている5人の交通生存者が現在、国中にいます。

Swati ChauhanインドMagistrate Swati Chauhanは、2008年にImmoral Trafficking Prevention条例(ITPA)を管理するためにムンバイの新たに作成された特別法廷の議長をするために任命されました。 その時、彼女は、バックログされた交通ケースを数百から取り除いて、1,200以上のための命令が救ったリハビリテーションに少女と女性を発行して、セックス交通犠牲者がITPAのインドの法に関する反売春条項の下で罰せられなかったのを保証しました。 彼女のリーダーシップの下では、2009年の商人と売春宿所有者と2010年の164の信念に対して法廷は81の信念を保証しました--12億人以上の国のすべてのケースの高率。 2009年に、ハイデラバードのRural DevelopmentsのNational Instituteのインストラクターとして、Chauhanさんは、ITPAの有効な実現のときにインドからの150人以上の先任の警察官と地区レベル役員を訓練しました。 彼女の仕事(国際的に認識された)は商人を起訴する重要性と専用反交通法廷に関するユーティリティの認識を提起しました。 インド政府は、彼女が2011年1月にクアラルンプールで法のRuleでアジアパシフィックコンファレンスで国を代表するのを指名しました。

Amela Efendicボスニア・ヘルツェゴビナ
Amela Efendicは、被害者の保護問題のために10年間以上犠牲者と支持者を取引するための精力的で情け深い介護人です。 Solidarity-エモース(IFS)の国際Forumのためのオフィスの代表として、犠牲者を取引して座標IFSが啓もう活動を取引するように、Efendicさんはボスニアの最も大きくて最もアクティブな避難所の1つを管理します。 近くで州Coordinatorのオフィスとの仕事上のお付き合いと信用とボスニアの警察機関を発展させたので、Efendicさんは国の交通のモニターしているチームを形成して、交通犠牲者の処理のための有効で人間味がある手順を作る際に批判的な勧告を政府に提供します。 自分とIFSに対する犯罪者が配置する交通からの頻繁な脅威にもかかわらず、Efendicさんは、犯罪者の権利の保護を確実にするために警察、検察官、および他の責任がある職員と共に業務計画レベルで働き続けています。

IFSとの彼女の仕事の前に、Efendicさんは何年間ものIOMの代理プロジェクト・マネージャでした。 彼女は、IOM反交通プロジェクトにおける、600万ドル以上の実現を管理して、交通の外国人の犠牲者のために直接ボスニアへの2つの展開している連続した国家の行動計画と手順にかかわりました。

IOMとIFSの両方では、Efendicさんは個人的に交通犠牲者を救って、再統一するのにかかわりに彼女の義務を超えて行きました。 2011年に、彼女のため、経験の奉納と豊かさと被害者の保護における知識、ボスニアのAnti-TIP Strike Forceコーディネータは、Strike Forceを接合するようにEfendicさんに頼みました--以前NGOの活動家に決して引き起こされなかった要求。

10年間以上のブリジットリューTanシンガポールFor、移民労働者を保護するための努力の最先端にはブリジットリューTanがシンガポール(80万人以上の移住者への家)にありました。 人的資源管理で働いていて、Tanさんは地方の雇用法と労働者の権利に詳しくなりました。 彼女は雇い主と周旋屋の手で不正に苦しんでいた出稼ぎ労働者がいるのを確実にするのを激怒していました。 2002年にMigrantsとItinerant PeopleのPastoral CareのためにArchdiocesan委員会と共に買って出ている間、Tanさんは真夜中に喫茶店の後ろで集まった30人のバングラデシュの男性のグループに会いました。 彼らの台無しと恐怖を見た後に、彼女は、避難所を出稼ぎ労働者に提供するために2つの避難所をセットアップしました--男性のためのものと女性のためのもの。

2004年に、Migration Economics(ホーム)が出稼ぎ労働者の特定のニーズに応じるように、Tanさんは、Humanitarian Organisationを設立しました。 始まり以来、ホームはその多くが女性の国内労働者である5万人以上の移住者に食物、避難所、支持支援、および弁護士を提供しています。 ホームは、出稼ぎ労働者と交通犠牲者に対する支援を操作して、限られた基金にもかかわらず、広げ続けています。 Tanさんは、メディアで出稼ぎ労働者に面していて、犠牲者を取引する苦労の公共の認識を増加させるように働いています。 雇い主とエージェントからの脅威と威嚇にもかかわらず、Tanさんは、挑戦的な不法就労習慣とシンガポールの外国人の労働者の苦況で関心を高める際にホームを導き続けています。

 

 

2011の人身売買のリリースに関する所見を報告します。

注意:ヒラリーロダムクリントン国務長官と、ベンジャミン・フランクリンが同席。

ワシントン(DC)

2011年6月27日

人身売買が残念ながら女性と少女を不均衡に傷つけるので、ルウは10年間以上の間、緊密にMelanne Verveer(Global WomenのIssuesのための大きいところの私たちのAmbassador)と共に働いています。 人身売買が人間の束縛の問題であるだけではないので、これは自然なパートナーシップです。 それはとても多くの場所、ここ、我が国と世界中の性ベースの暴力の流行病をあおります。 それで、私は、そう多くのことをした国務省の私たちのチームがこの仕事を続けていることに感謝します、そして、私たちがルウとして言ったレポートを発行するだけではないのを確実にするのは、ただ仕事の一部です。 レポート自体はツールです、そして、私たちが最も興味を持っていることは世界中の国と成果を収めるために私たち自身の政府の向こう側に働く働きです。 人身売買問題への解決に向けた10年間が私たちにあります。

そして、私は、それが私たちの議会だけではなく、私たちの国務省だけではなく、この部屋のあなたの多くでもあることを知っています、この問題を帯びた他の政府からのあなたの多く、何百万人もの犠牲者を弁護しながら最前線にあったNGO共同体からのあなたの多く。 昨年、私は、生存者のためにカンボジアで治療の場とサポート、避難所を訪問しました。 私は何十人もの少女に会いました。(その少女は、彼女らの大部分が非常に若く、性的に搾取されて、虐待されました)。 避難所で避難所をそれらに与えました、そして、彼らはそれらが社会に再入するのを助けるために貴重な技術を学んでいました。 これらの少女は、学ぶためにすべての子供が欲しい同じもの、生きる機会が欲しかったです、安全な場所、彼らを心配した人々。 そして、昔過ぎるというわけではないのに、このような避難所は利用可能でなかったでしょう。 人身売買の考えは時間と同じくらい古かったです。 そして、それは重要な対外問題のリストで特に高くはありませんでした。 そして、確かに、比較的最近まで私の国を代弁して、私たちは、リソースを投資もしませんでしたし、これらの問題、これらの話、これらの若い少女の目に見えることを上げてもいませんでした。 とても多くの魅力的な子供がその避難所にいました。 多くの活気。 他のものは別として非常によそよそしくて設定している何かがありました。

そして、うつむけに最も大きいにやにや笑いを持っていた1人の幼女がいました、そして、その顔を調べたとき、次に、私は、彼女の目の1つがひどく傷つけられたのを見ました。 彼女は眼鏡を身につけていました。 そして、私は避難所を走らせている女性のひとりに尋ねて、「何が彼女に起こりましたか?」と言いました。 そして、「さて、彼女を売春宿に販売したとき、彼女は現在の彼女よりさらに若かったです、そして、基本的に、予想されたことに対して我が身をかばうために、抵抗しました。」と、彼女は言いました。 「したがって、売春宿所有者は大きい釘で彼女の目を突き刺しました。」 そして、精神が、まるでそれが壊れていたかのように見えないで、人々と対話すると決心していましたが、命が彼女らが経験していた奴隷制度からの彼女のような少女を救うための協力のため救われただけであったこの子供がいました。

世界は、10年余り前に変化し始めました、そして、確かに、私の国がした仕事に感謝していますが、また、私もまた、私たちのとても多いパートナーがした仕事に非常に感謝しています。 私の夫がTrafficking Victims Protection条例に調印したとき、私たちには、ツールがありました--私たちは正義に商人を連れて来る道具と司法サービスと他のサポートを犠牲者に提供する道具を持っていました。 今日、警察官、活動家、および政府は、有効に彼らの努力をあまりにはるかに調整しています。 何千人もの犠牲者が世界中で解放されました、そして、特別な一時ビザのおかげで、彼らの多くが彼らの加害者に証言する保護を抱きに我が国に来ることができます。

毎年、私たちは、このレポートを発表して、私たちの進歩を評価して、提案をして、私たちの方法を洗練するために集まります。 今日、私たちは、私たち自身のを含む184の国を格付けする最新の報告を発表しています。 私が長官になったとき、革新の1つはまた、私たちが、自分達を分析して、格付けするつもりでした、私たちが私たちがだれであるか、そして、私たちが何をしているかにしきりに見ないなら私が、私たちが他のものを格付けするのが、公正でないと思うのでことでした。 このレポートは、ここ、ワシントンの私たちのチームと同様に大使、大使館、およびNGOを伴う協力的な過程の製品です。 そして、それは本当に何が起こるかに関するスナップを私たちに与えます。 それは、政治的意思と政治指導部にどこで効果があるかを私たちに示しています。

例えば、バングラデシュに関するケースを取ってください: 内務の大臣と共同秘書は何千人ものバングラデシュの移住者の後ろで中東と北部アフリカに商人に立ち向かうと約束する進歩主義的な法律を作成しました。 アラブ首長国連邦。(そこでは、リーダーが中東湾岸地域の出稼ぎ労働者のために保護を改良するイニシアチブを進めています)。 または、台湾に関するケース、移住のディレクターがそれを確実にするために手を打ったところでは、交通の犠牲者は移住救援と仕事が可能にするなら特定されて、彼らの試練から回復する機会を持っています。

現在、これらの業績でとてもずっと多くであり、私たちがレポートで強調するものは、確かにそれらを与えるという認識にふさわしいのですが、私たちは皆、それ以上のことをしなければなりません。 残念ながら、より良い人生が何であるかもしれないかに関する約束と絵と共に村に深く達することができる輸送の容易さとグローバルコミュニケーションで私たちは、今、より多くの人間が以前より搾取されるのがわかります。 最大2700万人の男性、女性、および子供がいます。

そして、政府は重要な方法を採りましたが、私たちは、成果を収めるために本当に委任を動作に混ぜなければなりません。 例えば、世界中の起訴の数は比較的静的に残っていました。 そして、したがって、成功の測定はもう国が法案を可決したかどうかということであるはずがありません、とても多くが最後の10年間でそうしたので。 今、私たちは、法が実行されて、国がそれのために作成されたツールを使用しているのを確実にしなければなりません。 そして、彼らの商品とサービスが奴隷制度なしの、そして、責任があるソースから来るなら、政府は、民間部門と共に、より緊密に働いて、消費者に知らせるのに新規供給チェーンモニター技術を使用するべきです。 NGO共同体と協力して、私たちは、犠牲となる可能性のある者を保護して、より多くの加害者を正義に連れて来るために新しいメカニズムを開発しなければなりません。

現在、国が、それらには、あるランキングがなぜあるかを知って、次に、私たちが国と共に働くのが応じる責任を引き受けるのが、公正であるだけです。 それで、私たちは、具体的勧告を発行して、技術支援を提供しています。 今週、必要であると、世界中の米国外交官は、行動計画を見直して、推薦を提供するために彼らの招致国政府に会うでしょう。 そして、私は、そうしたがっているあらゆる国が、地位を改良できるように来たる数カ月パートナーシップを激化させるよう私たちの大使館と交通オフィスに命令しています。

それで、このレポートが、より多くの国がテーブルに来るよう奨励している間、私たちのだれにはも満たされる余裕がありません。 ただ、いわゆる先進国には安定している規則があるので、法、および強い刑事司法制度が、私たちのどれかが最善の努力をしていることを意味しません。 これらの不況時のときにさえ、私たちは、順調である創造的な方法を探す必要があります。 そして、これは合衆国に行きます、自分達の上で光を照らしていて、私たちが、私たち自身の状況をより良くするようにそれ以上のことをするつもりであり、興味を持っている人が、同じようにするのを手伝うので。

私たちのTIP--私たちのTIP英雄は、今日、個々の動作がいくつかの驚くべき結果につながることができるのを私たちに示しています。 例えば、シンガポールでは、ブリジットリューTanが出稼ぎ労働者を保護するのに人生を捧げました。 そして、シンガポールには、小さい国ですが、80万人以上の移民がいます。 そして、彼女はローカルの大司教区で買って出ています。 そして、彼女はそこである間、夜中に喫茶店の後ろで集まった30人のバングラデシュの男性に会いました、そして、虐待された出稼ぎ労働者に避難所を提供するために、避難所(男性のためのものと女性のためのもの)をセットアップするのを助けました。

または、メキシコを占領してください。そこでは、メキシコシティー検事総長のオフィス代理人Prosecutor Dilcyaガルシアが、メキシコにおける最初の交通文をもたらした2009年に事件を審理しました。 それ以来、彼女は、100人以上の申し立てられた商人に対して告発を開発して、包括的な被害者の保護サービスを提供するためにパートナーシップを鍛造しています。

これらとあなたが私たちのTIP英雄に関して聞く声他のもののような話は希望を私たちに与えます、彼らが、私たちを奮い立たせますが、私たちが効果があるように何ができるかを私たちに非常に実際にまた言うので。 そして、すべての犠牲者の話は、本当に私たちを皆、動機づけるべきであるものです。 そして、TIP英雄の話を聞くとき、私たちは、それが絶望的でないことを知って、私たちは、それが圧倒的でないことを知って、私たちは人でその人を知って、私たちは効果があることができます。

私は最終的に救われた私が会ったその幼女に関するいろいろな事を考えます。 私は、何が将来彼女の人生で起こるかを知りません。 しかし、そこで自分たちを働かせている大人の女性の多くを救ってありました、そして、今、彼女らは受けたサポートを次世代に通過していました。 そして、「成長するとき、あなたは、ことをしたがっています」と彼らを尋ねたとき私が会った子供、彼らはいたる所の子供がしたがっていることをしたがっていました--彼らは教師になりたがっていて、彼らは母親になりたがっていて、彼女らは、最善であるかもしれなくて欲しかったです。 そして、それは、私たちが世界の子供のすべてのために欲しいものです。

それで、私はあなたと共にここにいると光栄に思っています。 私は今日、ここにいる国全体に感謝します。 私は、私たちが一緒に働くことによって進展できると認める世界中のすべてのリーダーが、現代の奴隷制度を終わらせることに感謝します。 私は、そして、可能性にもかかわらず、それが可能であることを私たちに示したことをそうした私たちの英雄に特に感謝します。

たいへんありがとうございます。 (拍手。)

 

 

国務省は米国大使館からの情報、役人を使用するのが民間であるというこのレポートと国際機関を作成しました、報文、と研究はあらゆる領域につまずいて、情報は tipreport@state.gov に提出しました。 このEメールアドレスは組織と個人が交通を記述する際に政府進歩の国務省と情報を共有できる手段を提供します。

交通状況と政府の措置に関してさまざまな役人、地元的、そして、国際的なNGO代表、国際機関の職員、ジャーナリスト、アカデミー会員、および生存者とのミーティングを含んでいた徹底的な研究に基づいて取引しながら戦うと報告された米国の外交ポストと国内の政府機関。 海外の米国任務は人身売買問題をカバーするのに捧げられます。

層: 層3の国へのプレースメント、ガイド、および刑罰
TVPAによって強制されるように、部は2011TIP Reportの各国を3つの層の1つに置きます。 このプレースメントは問題のサイズより交通と戦う政府の行動の範囲に基づいています、また、後者が重要な要素ですが。 分析は人身売買の除去のためのTVPAの最低基準へのコンプライアンスに達するための政府の努力の範囲に基づいています( http://www.state.gov/g/tip/rls/tiprpt/2011/164236.htm を見てください)。

Tier1は最も高いランキングですが、それは、国には人身売買問題が全くないことを意味しません。 むしろ、Tier1ランキングは、政府が人身売買の存在を承認して、問題と取り組むための努力をして、TVPAの最低基準を満たすのを示します。 毎年、政府は、Tier1を幹部に維持するために取引しながら戦う際にかなりの進歩を示す必要があります。 本当に、Tier1は猶予よりむしろ責任を表します。

2011TIP Reportの層のランキングと物語は以下を反映します:

TVPAによって定義されるように、重症型の人身売買を禁止する法の制定、および交通犯罪のための刑事罰の支給。
刑事罰は人身売買犯罪のために最大少なくとも4年間の自由の剥奪、または、より厳しい刑罰で時効になりました。
国での一般的なフォームの交通の積極的な告発による人身売買法の実現。
先を見越す犠牲者識別は、犠牲者識別の途中に法施行と他の政府によって支持された最前線応答者を誘導するために系統的な操作で測定します。
政府基金、プライマリ・ヘルス・ケア、カウンセリング、および避難所へのアクセスを犠牲者に提供する、彼らが自分達の交通経験について訓練された社会的なカウンセラーに詳しく話すことができるNGOとのパートナーシップ、および最低血圧の環境における法施行。
拘留のないサービスと避難所と取り外しへの法的な代替手段があるアクセスを犠牲者が応報か苦労に直面している国に含んでいる被害者の保護の努力。
政府が、法的で他の支援とそれが犠牲者に提供されるのを確実にする範囲、国内法と一致しています、議事は犯罪者の権利、威厳、または心理学的な幸福に対して偏見をいだかせていません。
範囲、どれ、政府--人間味がある金庫を確実にして、範囲の可能で、自発的の帰還、および犠牲者の再統一に。 そして、防ぐ政府の測定--人身売買、習慣を制限するための努力を含むのは貢献が要素であると外国人の労働者のパスポートに関する雇い主の押収などの強制労働を含んで、労働リクルーターが将来の移住者に過度の料金を請求するのを許容する人身売買に認識しました。
層のランキングと物語は以下で影響を受けません:

どんなにあっぱれであっても排他的に民間の俳優によって引き受けられた努力--国で。
商人の起訴、犠牲者の保護、または交通の防止との具体的な結びつきを欠いている政府によって後援されたかそうでない大衆認識イベント。 広域的な開発か法施行イニシアチブ、特定の人身売買焦点。

政府が交通の除去のためにTVPAの最低基準に完全に従うガイドTo Tiers Tier1Countries。

層2
政府が完全にそうするというわけではない国は、TVPAの最低基準に従いますが、それらの規格への承諾に自分たちを運び込むための重要な努力をしています。

層2の警戒リスト
政府が完全にそうするというわけではない国は、TVPAの最低基準に従いますが、それらの規格への承諾に自分たちを運び込むための重要な努力をANDにしています:

a) 重症型の交通の犠牲者の無名数は、非常に重要であるか、またはかなり増加しています。

b) 役人による重症型の交通で交通犯罪の増加する調査、起訴、および信念を含む前年から重症型の人身売買と戦うための努力を増加させるという証拠に犠牲者に対する増加する支援、および共犯の減少している証拠を提供しないことがあります。 または

c) 国が最低基準への承諾にそれ自体を運び込むための重要な努力をしている決断は翌年付加段階を引き継ぐ国による委任に基づきました。

層3
政府が完全にそうするというわけではない国は、最低基準に従って、そうするための重要な努力をしていません。

TVPAはTier3に対して国がTier2にあるべきであるかを決定する追加要素(または、Tier2Watch List)をリストアップします。 最初に、国が交通の重症型のための原産国、トランジット、または目的地である範囲。 2(国の政府が重症型の交通で職員か公務員が共謀しているTVPAの最低基準と特に範囲に従わない範囲)番目。 そして、3番目、適当な手段が政府のリソースと重症型の人身売買を記述して、排除する能力の観点から最低基準への承諾に政府を運び込むのが必要です。

2008年に、ウィリアムウィルバーフォースTrafficking Victims Protection Reauthorization条例は、連続した2年間のTier2Watch Listであると格付けされてそうでなければ翌年のTier2Watch Listであると格付けされるどんな国も、翌年のTier3であると代わりに格付けされるという支給を含んでいました。 この支給は今年のレポートで初めて、実施されます。 国務長官は代表団を通して権利放棄が政府には実行されるなら交通の除去のためにTVPAの最低基準に従うための重要な努力をしながら構成される企画書があるので、正当であり、プランを実行できるくらいの注ぐリソースであるという確かな証拠に基づく自動ダウングレードを放棄できます。 自動ダウングレード支給を条件とした政府は国の物語の中にそういうものとして述べられます。

層3の国への刑罰
TVPAによると、Tier3の上の国の政府はある制裁を受けることがあるかもしれません、ノン・トレード条項関連の対外援助。(米国政府は、「非-人道主義」を差し控えるか、または制裁で引っ込めるかもしれません)。 さらに、Tier3の上の国は教育的で文化的な交流事業への公務員の参加のための基金を受けないかもしれません。 TVPAと一致しています、また、制裁を条件とした政府は国際通貨基金(IMF)や世界銀行などの国際金融機関から支援(人道主義の、そして、貿易関連の、そして、ある開発関連の支援を除いた)の米国の反対に直面しているでしょう。

課された制裁は2011年10月1日に実施するでしょう。 しかしながら、社長が、政府に対するそのような支援の支給が法令の目的を促進するだろうか、またはそうでなければ、合衆国の国益にはあると決心しているなら、TVPAの制裁のすべてか一部を放棄できます。 また、TVPAは、必要なら、傷つきやすい人口への重要な悪影響を避けるために制裁の権利放棄に備えます、女性と子供を含んでいます。

どんな層のランキングも永久的ではありません。 ありとあらゆる国が合衆国を含むそれ以上のことができます。 すべての国が、交通と戦うための努力を維持して、増加させなければなりません。





ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.