トップページ > ボランティア日記 > 2011.07.23 現地学生ボランティアとの交流

ボランティア日記 -セーブ・ザ・スレーブ活動報告-

現地学生ボランティアとの交流 [2011.07.23]  from 桒原かおり


ECPAT

ECPAT Philippines で、学生ボランティアの方々と合流し、一緒に子どもたちとの勉強・遊びと大いに交流を深めてきました。

 学生さんたちは、大学生と高校生が中心となって、シェルターの子どもたちに英語教育のプログラムを実施しています。

 みんな年齢も近いせいか、楽しく学んでいました。


学生ボランティア


 最初は戸惑っていた子どもたちも、スグに打ち解けていました。

 プログラムは英語での会話を目的としています。まず、最初は英語で自己紹介するという内容。

 「My name is ○○○○. ・・・・・・・ 」
・・・そこから先が中々しゃべる事が出来ず、照れて笑い出す子ども。それを見て周りの子どもたちも笑い出します。


みんなで輪になって

照れと爆笑の中、学生さんたちがお手本となって一文章づつ ゆっくり話すと、マネをして 何とか自分の趣味や好きな事など、色々話していきます。

 一人が話し終わると、みんな大きな拍手です!

 みんな自信もついたようで、明るい笑顔で本当に楽しそうでした!

 


聞き入る子どもたち 自己紹介を真剣に聞く子どもたち。

桒原かおりも自己紹介 私も恥ずかしながら・・・(笑)

みんな楽しそう みんなスゴク楽しんでいました!

桒原かおり、トニー 一番の甘えん坊 トニー 。私が行くといつもベッタリです。

桒原かおりと二人の女の子 ちょっとおしゃまな2人。でも すっごく素直ないい子たち。

おやつの時間 ポッキーの差し入れに大喜び!

楽しそうな子どもたちを見ていると、今こうして笑顔でいられる事がなんて幸せな事かと実感します。

学生ボランティアの方たちも、本当に面倒見の良い、心の優しい方ばかりで、
このような活動を 卒業してからも続けてほしいなぁ と思いました。




ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.