トップページ > ボランティア日記 > 2011.08.02 BAHAY TULUYANを訪問

ボランティア日記 -セーブ・ザ・スレーブ活動報告-

BAHAY TULUYANを訪問 [2011.08.02]  from 桒原かおり


BAHAY TULUYAN

昨日のALVINさんとの約束通り、一緒に州内のシェルター
BAHAY TULUYAN を訪問しました。

ここは、誘拐され 性的搾取の被害にあった女性専用の施設です。

訪問すると、ここで保護されている女の子たち(5歳~17歳)が総出でお出迎えしてくれ、拍手の中 来門させて頂きました。

大変 嬉しかったのですが、私が来るまで一体どの位の時間
外で待っていてくれたのだろうかと思うと、心が痛くなってしまいました。

施設での記念撮影

みんなの笑顔を見ると、どこにでもいる普通の女の子にしか見えません。

 ここにいる子どもたちは、州内の施設の中でも、酷い虐待をうけた子たちが保護されています。

 あらためて思いますが、こんないたいけな子どもたちを買春する人の神経が理解できません。

 ALVIN さんは「児童買春をする者が許せない。だから誘拐まで起きてしまう。」と嘆いていました。



Merie、桒原かおり、ALVIN


左から、施設責任者のMerieさん、
私、ALVIN さん(笑っちゃう位 顔がコワイです。。)

このMerieさんも、実に誠実な方で話しの端々から、実に愛情を感じられる方でした!

施設の案内もして頂きましたが、実は昨日保護された女の子がいて、その対応にも追われていました。昨日から泣き続けで、今は心のケアだけに専念しているそうです。


泣きやまない女の子 昨日保護された女の子。早く笑顔を見せてね!

施設スタッフと記念撮影

性的搾取について語る

施設の女の子たち1

施設の女の子たち2

施設の女の子たち3

施設の女の子たち4

寝室

食堂

ロッカー

整理整頓

Activity Room

清潔です

Social Service

ぬいぐるみがいっぱい

可愛いものが沢山

チェスで対戦

リラックスを




ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.