トップページ > ボランティア日記 > 2011.08.07 AIDS文化フォーラムin横浜

ボランティア日記 -セーブ・ザ・スレーブ活動報告-

AIDS文化フォーラムin横浜 [2011.08.07]  from 桒原かおり


AIDS文化フォーラムin横浜

今回で18回目となる、AIDS文化フォーラムin横浜にお邪魔してきました。

1994年から毎年開催し、HIV/AIDSに関して最も勉強になるものです。

今回8月5日~7日の3日間開催し、色々なセミナーや講演等が全て無料で開催されています。

まだ、一度も行った事の無い方は、ぜひ来年行ってみて下さい!

笑いあり、涙あり、驚きあり。。あっという間に終了日を迎えた感じです。

「来年も必ず来たい!」と思える素晴らしいフォーラムでした!

山本博子さん

こちらは、アジアの女性と子どもネットワークの事務局長 山本博子さんです。

とっても素敵な方で、ボランティアに対する熱意も経験も、私の大先輩!尊敬する一人です。









古川潤哉さん

6日の興味深いプログラムで、「宗教とエイズ」を拝聴させていただきました。

仏教・イスラム教・キリスト教(カトリック、プロテスタント)の各見識人が集まり、HIV/AIDSに対する それぞれの宗教観をディスッカションする、とても素晴らしいものでした。

写真は、ご出演されていた 古川潤哉さんです。佐賀県・浄誓寺の現役の僧侶をなさっています。

本業の傍ら、HIV/AIDS 性感染症の予防と理解・支援・共生のため、SHAPEC も主宰されており、今後益々の活躍が期待される方です。

岩室紳也さん

先のプログラムではコーディネーターを務め、HIV/AIDSの活動にも力を注がれている 岩室紳也さんです。

本業は医師ですが、ご多忙の中 精力的に活動されている姿には、尊敬させられました!

スタッフのみなさん、ボランティアとして参加されていた学生さん、講師の皆様方、ボランティア団体の皆様、本当におつかれさまでした。来年も是非開催して下さいネ!
楽しみにしています。。。








ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.