トップページ > ボランティア日記 > 2011.08.17 長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き/無料配布

ボランティア日記 -セーブ・ザ・スレーブ活動報告-

長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き/無料配布 [2011.08.17]


長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き書

今週、福島県南相馬市へボランティアに伺った際、市役所から配布依頼を受けた資料がございますので、ご希望の方へ無料配布させていただきます。

「長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き」は、京都大学放射線生物研究センターが発行している非売品の冊子です。

こちらは、チェルノブイリ原子力発電所の事故(1985年5月)後の、高濃度汚染地域に住む住民や、医療関係者の現実的対応、そしてその他の関係者の教育目的のために作成されたものです。

配布希望は、メールでご連絡下さい。
care@save-the-slave.com

件名を「手引き書 送付希望」でお願い致します。

送料も全て無料でお送り致しますので、ご興味のある方は、お気軽にご連絡下さい。



ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.