トップページ > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

NGO セーブ・ザ・スレーブ 個人情報管理規約


 NGO セーブ・ザ・スレーブでは、個人情報の保護に関して、以下のようにプライバシーポリシーを定めます。

1.ここでいう個人情報とは、NGO セーブ・ザ・スレーブの会員、支援者、ホームページ・メールマガジンの利用者など(以下、支援者)の氏名、性別、年齢、住所、電話番号、電子メールアドレスなど、各支援者固有の情報をいいます。

2.NGO セーブ・ザ・スレーブは、個人情報に関する法令を順守し、支援者の個人情報の保護に万全を尽くします。

3.個人情報を収集する際は利用目的を明確にし、その目的を越えた利用は致しません。また、個人情報の収集は、支援者の承諾を得た上で適正に行います。

4.NGO セーブ・ザ・スレーブは、支援者の承諾なく、個人情報を第三者に開示することはありません。但し、NGO セーブ・ザ・スレーブが行っている活動の目的達成のために、業務委託先などに個人情報を提供することがあります。この場合、提供する個人情報は必要最低限なものに留め、提供先に対しても支援者の個人情報の管理を徹底します。
なお、法令などに基づき裁判所・警察機関などの公的機関から情報開示の要求があった場合には、支援者の承諾なく個人情報を開示することがあります。

5.NGO セーブ・ザ・スレーブのホームページに関する接続状況の統計的なデータの作成、検討することがありますが、その場合においても支援者の個人情報は第三者に開示、公表いたしません。

6.支援者が自己の個人情報を記載した、問い合わせなどの文章をNGO セーブ・ザ・スレーブ宛に電子メールにより送付された場合には、NGO セーブ・ザ・スレーブ内において、当該問い合わせなどの内容の確認、検討のため、必要な部門、担当者に当該メールを転送することがあります。
この場合においても当該個人情報は、NGO セーブ・ザ・スレーブ内の必要最低限の人員により管理され、支援者の承諾なしに、第三者には開示いたしません。なお、NGO セーブ・ザ・スレーブの人員にはNGO セーブ・ザ・スレーブが選任する弁護士、弁理士、公認会計士などが含まれるものとします。

7.支援者本人から、個人情報の照会・修正などを要求された場合、または個人情報に関する問い合わせや苦情・相談などを受けた場合、NGO セーブ・ザ・スレーブは適切に対処します。

8.プライバシーポリシーの改定について
NGO セーブ・ザ・スレーブでは、支援者の個人情報の保護を図るため、また、法令の変更などに対応するために、プライバシーポリシーを予告なく改定する事があります。

2011年6月6日
NGO セーブ・ザ・スレーブ
- 奴隷にされてる女性や子どもたちを救う会 -
代表 桒原かおり
〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町5-210-7
TEL:045-341-4500 FAX045-262-1177
E-mail care@save-the-slave.com



 

ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) NGO Save the Slave. All Rights Reserved.